スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年10月10日 | - | - | - |

リニューアル中です




| 2011年04月28日 | お役立ち情報 Lpr | comments(2) | trackbacks(0) |

EPA、DHAサプリメントの注意点

サプリメントで補充したい栄養素として、EPAやDHAがあります。血中コレステロールや血中脂肪が高い人はEPAやDHAを食事やサプリメントで取り入れて血液をサラサラにするといいといわれています。


サプリメントは手軽に扱えるため、天然の食事と異なり、EPAやDHAをたくさん取りすぎてしまうことがありえます。血液をサラサラにするサプリメントを使いつつ、血中脂肪の対策として薬を飲んでいるという人は、薬の効果があらわれすぎ良くない効果ができることがあるようです。血液がサラサラだと、出血が治りにくくなり血がどんどん流れていきます。血が出ることが多くなるひ人もいます。


油で構成されているDHAやEPAは、酸化作用の影響を受けることがありますので、天然の食材から摂取する時は古くなる前に取り入れるようにしましょう。サプリメントから取り入れる場合も、あまり時間の経ちすぎたサプリメントを使わないようにしましょう。どんなところに保存しておくかも、気をつけましょう。


濃い色の瓶に入っているサプリメントは光による酸化を防ぐことができますので、購入時には容れ物も確認するといいでしょう。できるだけ光が差さない場所に保管し、開封後は空気にさらさないように気をつけてきっちり使い切ります。じんましんや湿疹が出る原因が、消費期限が切れて変質していたDHAやEPAサプリメントのせいだったということもあります。


安全性を期すならば、消費期限切れを起こしたEPAやDHAサプリメントは飲まないようにする方がいいでしょう。 

EPAやDHAの効果とサプリメントについて

EPAとDHAは最近サプリメントなどでよく売られている、体にとって必要な栄養素の一つです。背の青い魚に存在しているDPAやEPAですが、人体では作れないため、食事などから補わなければ確保できません。


最近では食事の欧米化により魚の摂取量は年々減少傾向にあります。魚の摂取量の減少と反比例するように、心筋梗塞や脳梗塞は増えています。動脈硬化や血栓リスクを下げるためにはコレステロールや血中脂肪を下げる必要があり、そのためにはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸がいいようです。


近年の肥満やメタボ予防意識と重なり、サプリメントでEPAやDHAを積極的に補い、実際に健康維持に役立てている人もたくさんいます。悪玉コレステロールに関しては作用が低くても、中性脂肪を減らす効果に期待したいという場合は、EPAの摂取がお勧めです。高脂血症の薬としてもEPAは使われており、医療の面からも効果が認められています。


少し前までは、EPAやDHAは特に意識せずとも取り入れられる栄養素でした。食の欧米化が進み、魚を食べる機会が減ってきた現代の我々には、DHAやEPAのサプリメントはとても有益な存在です。食事から栄養を摂取すると少なからずのカロリーも取ってしまいますが、サプリメントではその心配もありません。


薬とは違い副作用の心配が少ないというのもEPAやDHAサプリメントのいいところです。 

EPAやDHAのサプリメント

EPAやDHAのサプリメントについてです。最近サプリメントの名称などでよく聞かれるものにEPAやDHAがあります。EPAやDHAは脂肪酸と呼ばれる栄養素であり、人体に益があるものです。


EPAもDHAも正式な名前ではなく、DHAはドコサヘキサエン酸といい、EPAはエイコサペンタエン酸ですが、短縮化した呼び方が馴染んでいます。DHAは知能を高める効果があると考えられるようになったのは、DHAを餌と共に食べたラットは、DHAを食べていないラットより知能が高まったことからです。


青い魚を食べると脳にいいとはかつて話題になったことですが、さんまやいわしなど背の青い魚はEPAやDHAを豊富に含んでいるということが確認されているようです。もちろん多くの企業が、EPAやDHAの効果に目をつけ、サプリメントを次々と開発して販売されてきました。今ではEPAやDHAは人気のサプリメント商品となっています。


EPAやDHAは脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸といい、血液をサラサラにする効果も発見、最近注目されています。心筋梗塞や脳梗塞について、デンマーク人よりエスキモーはなりにくい理由について、アザラシを食べていることが考えられるそうです。EPAやDHAの量を確認したところ、アザラシには多く含まれていたといいます。


この頃は、EPAやDHAサプリメントを、血栓ができないように使っている人もいるようです。魚を食べる機会が減っている若い人たちにとっても、サプリメントで気軽にEPAやDHAが補充できるという点は魅力的のようです。 

妊娠中に摂取するといいサプリメントの種類

妊娠している時に利用できるようなサプリメントの種類は、どのようなものでしょう。サプリメントは妊娠時は避けた方がいいと思いがちですが、特に妊娠している時に使用が推奨されるようなサプリメントもあります。サプリメントもいくつか種類があるが、一番代表的ものが葉酸のサプリメントです。


葉酸は特に妊娠初期に必要な成分とされています。400〜800マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで毎日摂取しつづけることにより、胎児の順調な発育を促すことができるといいます。他の種類のサプリメントとしては、鉄分のサプリメントとカルシウムのサプリメントがあります。妊娠中は胎盤への血液供給、胎児への栄養、酸素供給および分娩時の大量出血に対する備えのため血液量が増加します。


鉄分をサプリメントなどで補っておかなければ、血液の量が増えた時に一定血液量内に存在する赤血球が減ってしまいます。鉄だけを補充するという種類のサプリメントも存在しますが、鉄と葉酸を補充できるタイプのサプリメントもあります。妊婦が摂取したい鉄分と葉酸がどちらも入っているサプリメントなら、栄養の摂取も確実で簡単です。カルシウムをサプリメントで取り入れることは、妊娠中期の胎児の成長に重要な役割を持っています。


人間の体はカルシウムが欠乏すると、骨組織や歯のカルシウムを使用します。カルシウムは体の中で作ることができないミネラルなので、食事やサプリメントでの補給が必須条件となります。そのため、妊娠中のカルシウム不足は骨や歯を弱体化させます。また、胎児の骨や歯がもろくなるという可能性もあるようです。鉄分、葉酸、カルシウムは意識して摂取するようにしてください。


いずれの栄養素も、胎児の健全な発達に欠かせない成分です。どの種類のサプリメントが役立つかをじっくり検討した上で、手軽に栄養摂取ができるサプリメントを賢く使いましょう。 

効果的なサプリメントの飲み方

飲み方を守ってサプリメントを使いましょう。サプリメントの良さをしっかり体感できるよう、上手に使っていきましょう。


サプリメントは食品に分類される製品です。そのため病気の治療ではなく栄養摂取のために用います。費用を掛けてサプリメントを購入するなら効果的に利用したいものです。飲み方次第ではサプリメントの効果をより高めることができます。美容、特に美肌などに効果があるサプリメントの場合、特別な指示がないときは、通常食後に飲むのが一般的です。


より美容効果を高める飲み方があります。ズバリ寝る前に飲むことです肌は常に古いものが剥がれおち、新しい肌が下層からせり上がってきています。肌の再生は睡眠中にされているので、美肌のサプリメントを寝る前に飲むと効果が現れるといいます。ミネラルウォーターでサプリメントを飲めるといいでしょう。


できるだけサプリメントの成分以外のものを飲まずにサプリメントを飲みます。ビタミンCは、サプリメントから摂取するという人が多い成分です。ビタミンCをサプリメントから取り入れる時は、まとめ飲みをしても吸収はされませんので、まとめて飲んでも無意味です。できるだけ適量を複数回にわけて飲んだほうが、より効果的にビタミンCを吸収することができます。


サプリメントは飲み方次第で体に有益な存在になりますが、薬ではないので症状改善に使うというより、栄養を補うための存在です。あなたの体に合った正しい飲み方を知り、健康状態を確認しながら、日々の生活にうまくサプリメントを取り入れていけたらいいですね。 
[ Links EGB ]
Copyright (C) 楽天で買う 今話題 注目の商品 & 楽天売れ筋情報など. All Rights Reserved.